VW ポロ

 この車のお客様は、ネット検索で当店を知りお越しになった方です。始めての来店でしたが、当店のオーディオの考えと音を信用して頂き製作する事に。予算に関しては、全てを説明した後にご自分の予算を最大限に生かすため、全てを含めて40万円で施行しました。

来店時は、音の悪さで有名な 某○○○○○が既に装着済みで、このデッキを使ったのでは、価格に見合う音が出ません。そこで、ナカミチのCD-500をチョイス。ナカミチは、来月で全ての製品を販売を中止する事もあり、ベストな選択だと思います。
トータル金額が40万円ですから、デッキと取り付け工賃を引くと、スピーカー製作費は、約30万円弱。
まぁ〜・・・今回はオマケって事で、スピーカーシステムは、30万を製作。

このポロは、いがいとスピーカーの製作がしやすく、チューニングもバッチリ出来ました。
フロントスピーカーは、ドアに2way。ピラーに付いていた純正ツィータは、ネットワークを工夫して極一部の
周波数帯域だけを使って、3wayとしました。
リアは、純正位置のサイドパネル内に2wayシステム。前後の合計で5wayシステムのスピーカーとなりました。

最近の車は、内外の車種を問わず軽量化とコストダウンとで、アルミと樹脂で構成されるケースが多くなって来ました。スピーカーにとっては最悪で、がっちり付けることが難しくなってます。
そこで大切な事は、スピーカーががっちり付かない場合、それらの共振周波数を読み逆に利用する事です。
それを可能にすれば、歪みの少ない鮮明なチューニングが可能であり、プロでなければ出来ない技ではないかと思っています。

デッキ  ナカミチ
98,000円
スピーカーシステム  KKM
300,000円
取り付け工賃
8,000円
消費税   5%
20,300円
オマケ(特別なケース)
26,300円
合計金額
400,000円

2008年10月追記

2008年4月にオーディオを取り付けたVW ポロのグレードアップです。今回は、内蔵アンプのみで鳴らしていたシステムにパワーアンプを追加し、デッキの電源を整える為のLIPも装着。

この二つの追加により、内蔵アンプとは全く違う音質に生まれ変わり、当店スピーカーシステムが本領を発揮し、本来のソフトの音が存分に再生されることとなりました。

グレードアップ費用

アンプ    フェーズ254
70,000円
電源   マイクロコンポーネンツLIP
17,000円
取り付け工賃
65,000円
消費税   5%
7,600円
合計金額
159,600円