NISSAN ラフェスタ

今回の施工が2回目のお客様です。

カーオーディオで一番重要な部分はスピーカーが大半を占めます。この車種の取り付け位置のドアとサードシート横のパネル位置は、非常に施工が難しくチューニングする事が大変困難でした。

スピーカーシステム価格は40万円ですから、相当クォリティーの高い音質に仕上げました。

フロント3way + リア2way  トータル5wayシステム。

フロントのウーハーは純正位置に施工。
スコーカはその上部に配置しましたが、ドア内部の構造とパネルデザインの都合で、ツィータを付ける箇所が無く、やむを得ずポケット後部を利用して前向きに取り付け。

超高域は指向性が強いので、耳位置より後部でツィータを鳴らしても前方から反射音にて聞こえますので、問題なくチューニングが可能となりました。

リアのサイドパネル位置ですが、スライドドアの機構やら何やらで純正スピーカーでも、金属のアングルでユニットが浮いた状態で固定。その状態から、別のユニットでチューニングするのは困難の連続で、フロントからの音の帯域を変更して、リアの帯域を整理。

リアツィータは肘をのせる位置で上向きですが、指向性を考えなくて良いユニットで構成しましたから、問題無し。
尚、その上向きツィータのグリルカバーは肘を乗せても大丈夫なように造りました。
お客様からの申し出で、最後部のシートには人を乗せることは殆どないとの事でしたので、この様な施工が出来ました。

結果、全体としてまとまりのある音質になり、何の違和感のない音楽の再生が成功しました。

車自体は普通の形のファミリーバンですが、音質を極めるのには最近にない苦労する車種でした。

デッキ  純正ナビ・CD
0円
アンプ   KKM K23(取り付け料込み)
50,000円
変換コンバータ  第一フェーズAC2
16,000円
電源      マイクロコンポーネンツ  LIP
23,000円
スピーカーシステム  KKM 5wayシステム
400,000円
消費税   5%
24,450円
オマケ
△450円
合計金額
513,000円

2009年4月制作