BMW E46

このBMWお客様は、2台目の施工になります。

最初のクラウンはご自身が主に運転している車ですが、今回の車はご子息が日常的に運転する車のようです。従って、オーディオを楽しむ年齢層に違いがある為に音質を若者向けに若干変えてのチューニングをしました。40才以上の耳と20代以下の耳とでは聴き方に違いがありますから、年齢に合わせた音造りがどうしても必要となります。

フロントドアに3wayシステムを設置。
リアトレイは2wayシステムを設置して、合計5wayシステムとしました。

狙いは、レスポンスが良く無駄な低音域を排除して、ブーミーはこもり音が出ないよう造り上げました。
低音域からの立ち上がりは特筆物で、ベースドラムのキレはライブ会場で聴いているかのようです。
ボーカルの声はソフトの音源を忠実に再現されていて、なまなましさまで感じます。
高域に関しては、打撃音(シンバルなどの金属音)などの伸びはホームオーディオのそれと同じ音です。

見た目の仕上がりは、それ程目立つ様にはなっていないと思います。

デッキ     ケンウッド
31,000円
アンプ
-   
スピーカー   KKM 5wayシステム
400,000円
追加パーツ   パイオニア
4,200円
デッキ他取り付け工賃
10,000円
消費税     5%
22,260円
オマケ
△460円
合計金額
467,000円

2010年1月制作
※画像をクリックすると大きい画像が見られます。