SUZUKI パレット

今回のパレットのお客様は2台目の製作です。

近年の軽自動車の剛性は飛躍的に向上し、オーディオを楽しむ事に関しては何の問題もなく製作が出来るようになりました。

この車は2台目のオーディオということで、前回よりもグレードアップの意識が強く要求される事は必至ですから、造る側も肝に銘じた製作を心がけました。

車種として走行時の騒音は低いレベルではないので、各帯域の音圧はしっかり再生し、所々に多少のピークを持たせています。
これは、車種によって耳に到達する音質を調整しないと心地よい音に聞こえないからです。

この様な音造りは今までの経験から到達した工法で、理屈ではありません。

フロント3way  リア2way  合計5wayシステムですが、各ポジションのスピーカーのセッティングが緻密に出来た事で個々のユニットの能力が発揮する事が可能となったので、細かな音造りが出来ました。
軽車輌らしくない音質です。

トータルの音質は言うまでもなく、満足のいく仕上がりとなりました。
ボーカルの繊細さや、楽器の細かさは特筆ものです。

デッキ     デノンDCT-Z1(前車からの流用) 
0円
アンプ     クラリオンAPA-4300HX(前車からの流用)
0円
ナビ      パイオニアAVIC-VH9900 (装着済み)
0円
スピーカー  KKM 5wayシステム
400,000円
取り付け工賃他(全ての材料含む)
150,000円
消費税     5%
27,500円
オマケ
△7,500円
合計金額
570,000円

2010年4月制作
※画像をクリックすると大きい画像が見られます。