BMW E46

この車のお客さまは、M6と同じ方です。これで二台目ですね。しかも二台続けて!

二台を連続・同じ様な予算・車種の違い・製作が素晴らしく厄介な車種・・・!
これは造る側からするともっともやりにくい例ですね。

E46は最も多くの台数を経験した車種ですから音造りには問題は解くにありませんでした。
ただ、前期と後期ではフロント純正スピーカーの取り付け方が最初から違うので、前期物は特にやり辛い一台です。

音質に関しては、低域から続く中域は非常になめらかでストレスを感じない仕上がり。
中域成分がしっかり再生出来ると高域の抜けが良く繋がるので、全体域でとてもスムーズが音楽の再生が可能となっています。

見た目も派手な演出もなくあっさりとした仕上がりで、違和感もありません。

デッキ デノンDCT-R1 持ち込み
0円
CDチェンジャー ビクターKD-MZ70DA 持ち込み
0円
スピーカー KKM 4wayシステム
200,000円
取り付け料  
30,000円
消費税 5%
11,500円
オマケ  
△1,500円
合計金額  
240,000円

2010年4月制作
※画像をクリックすると大きい画像が見られます。