Mercedes-Benz C250 Stationwagon

ベンツ C250 ステーションワゴン

この車のお客さまは、当店での施工が2台目となりますので、より一層の音質向上を目指した製作となりました。

この車種に関しては音質に大きな影響力を持つ、車体の剛性が非常に高いので思い通りのチューニングが可能です。

低域を創りだす為の工法は、たるんだ音にならないような施工方法を重視し、キレが良くレスポンスの良い低域が可能となっています。勿論、ソフトの録音状態を忠実に再現できる低域です。

中域から高域に関しても、なだらかな曲線を描く波形の流れになっています。
一般的な高域は当然再生していますが、当店が拘わる高域とは約30,000Hz以上を再生して、人間の聴覚の限界を引き上げる効果を狙った音造りをしています。

この工法ですと、金属音(シンバル等)などの余韻が残り音楽の楽しさが倍増します。

最近の再生デバイスはiPodなどのが多く使用されるようになっています。
この車のオーナーさんもiPodをメインに聴くようです。
デジタルトランスポートにて純正デッキとは別系統で鳴らしています。
純正デッキも、普通に使用出来る2系統で製作してますから不便さを感じる事はありません。

iPodを聴いてると純正ナビの案内音声が聞こえなくなる回路なのですが、それ専用の小さなスピーカーを別に取り付けていますから、問題なくiPodを聴いていられます。

音質は特に問題にする部分もなく、ソフトの音源を忠実に再現してますから車で聴く音楽を満喫出来る仕上がりになっていました。

デッキ 純正ナビオーディオ
0円
アンプ K23(KKMオリジナル・取付料込)
50,000円
その他 コンバータ/DAC/ボリューム/配線その他
160,000円
スピーカー KKM 5wayシステム
350,000円
消費税 5%
28,000円
オマケ  
△8,000円
合計金額  
580,000円

※画像をクリックすると大きい画像が見られます。